債務整理にお困りなら、債務整理法.com

最適な債務整理法で無理なく返済

TOPページ > 民事再生法Q&A

債務整理法.com 民事再生法Q&A

民事再生法 Q&A

Q:小規模個人再生と給与所得等再生の違いとはなんでしょうか

A:民事再生には2通りの手続きの方法があります。これはそれぞれ小規模個人再生給与所得者等再生と呼ばれるものです。

小規模個人再生は債権者の2分の1以上の同意が必要となります。
一方、給与所得等再生は債権者の同意は必要なく、一定の収入が確実にあり、2年分の所得が民事再生をした場合の返済額を下回らないことなどが条件になります。

給与所得等再生の場合は、給料の手取り額から最低限の生活費を除いた額の2年分を3年で分割して支払うことになります。 ですから、小規模個人再生よりも支払い額が多くなる場合もあるということです。

Q:民事再生をすると、持ち家はどうなるのでしょうか・・。

A:いくら借金の返済があるからとはいえ、せっかく苦労して手にいれたマイホームがなくなるのは身を削られる思いだ・・・と感じる方も多いと思います。

しかし、この民事再生は自己破産とは違って、家などの資産は全て処分などして手放す必要は無く、そのままの状態にされます。 もちろん、債権者の配当金のためという理由で処分されたりすることはありませんので、安心して再生計画に取り組むことができるでしょう。

Q:民事再生で住宅ローンも減額は可能なのでしょうか

A:住宅などの資産は処分されたりしない・・と上のほうで書きましたが、住宅ローンそのものは、民事再生の中では残念ながら減額されることはありません。民事再生で減額できる債務は、住宅ローンを除く5000万円までとなっています。

Favorite




最終更新日:2019/7/11